メルマガ登録・解除
お金儲けのノウハウをお届けします。

メニュー
アドセンスとは
アカウントの取得
アドセンスの禁止事項
キーワードの選び方
稼ぐ記事の書き方
ブログの量産
アクセスの増やし方
クリック率を上げる方法
無料レポート一覧
SEO対策
独自ドメインの活用
アドセンスのノウハウ

スポンサードリンク

アドセンスの禁止事項

グーグルではいろいろな厳しい制限事項があります。これらの禁止事項を守らないと警告やアカウント停止処分を受けますから十分注意してください。

アカウント停止は警告もなしに突然来ることがあります。アカウント停止(ID削除)をされると、それまで貯めた報酬も全部パーになってしまいます。

グーグルはきちんと見張っていますので、「分からないだろう!」は通用しません。アドセンスで月収100万稼いでいた人も削除されています。油断は禁物です。


競合する広告との併用の禁止

グーグルアドセンスのプログラムポリシーでは競合となりえる広告もしくはサービスが含まれるウェブページ上で併用する事が禁止されています。

では、どんな広告がダメなのかと言いますと、よくあるのがアドセンスと同様のサイトの内容に合わせて広告が表示されるタイプのコンテンツ連動型広告です。

また、 Google の検索サービスを利用する場合には Google以外の検索サービスとクエリーターゲット広告を同一のサイトに含むことはできませんので注意して下さい。

尚、提携広告(アフィリエイトプログラム)やテキストリンク型広告は許可されます。


スポンサードリンクか広告か?

記事の間に挟み込んだりコンテンツの一部のようにアドセンスを表示させると誤解を受け紛らわしいと言う事でグーグルより警告を受ける場合があります。

実際のところはクリック率を高めるために私たちはこれを狙っているのですが厳密に規約違反です。

警告を受けたにもかかわらず、このまま放置するとアカウントが停止されてしまいますので修正が必要です。

対策としてはアドセンスの上に「スポンサードリンク」かもしくは「広告」とラベルを表示すれば問題は解決するのですが、しかし「広告」はいかにもアドセンスが広告に見えてしまい極端にクリック率が低下してしまいます。

この場合は「スポンサードリンク」の方が良いと思います。

尚、使用できるラベルは「スポンサードリンク」か「広告」以外の表示は認められていません。

たとえば「PR」とか「お気に入りリンク」「お勧め情報」など一切ダメですのでご注意下さい。

それと、警告を受けてサイトを修正したら必ずグーグルに連絡するのも忘れずに。


自分でクリックするのは厳禁

アカウント停止になる一番大きな理由はこれですね。

自分でクリックするのはもとより友達に頼んでもダメです。グーグルではIPアドレスを管理していますので、同じIPから何度もクリックすると直ぐにバレてしまいます。

稼ぎたい気持ちは分かりますが、クリックだけは厳禁です!


HTMLを編集する

アドセンスの生成されたスクリプトを編集するのはいけません。

アドセンスは自分で表示させたい位置に貼り付けましょう。


記事数が0のカテゴリがある場合の注意点

カテゴリーアーカイブで記事数が0のカテゴリをクリックすると、1記事も表示されません。

この際、サイドバーやサイト上部にアドセンス広告があると、肝心の記事がないためサイトのコンテンツ不足と判断されてしまいます。 記事数が0のカテゴリは削除するか、記事を書ようにしましょう。


サイトの内容が不適切

例えばアダルト、ギャンブル、誹謗中傷、麻薬など「非道徳的なジャンル」のサイトにアドセンス広告を貼り付けてはいけません。

仮に上記のようなケースでGoogleから注意を受けても焦ることはありません。すぐに該当箇所を改善すればアカウント停止は免れます。

**他にも細かい制約はあるかもしれません。ですので詳細はGoogleの利用規約プログラムポリシーを読んで対処してください。




ほったらかし!アドセンスで楽して稼ぐ